FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村ランキング
(よろしければクリックしてやってください。)
にほんブログ村 音楽ブログ 編曲・アレンジへ にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

コピペ

昨日(2008年9月1日)、NHKの「クローズアップ現代」で、社会に広がる『コピペ』の実態と問題点について特集されていました。
コピペとは「コピー&ペースト」(切り貼り)の日本語的センスに溢れた略語ですが、ここで問題になっているのは、インターネット上の情報をそのまま切り貼りしただけであたかも自分の意見であるかのような文章を作成し、しかもそれを公に表明してしまうことです。
学校においては読書感想文(模範解答(?)を載せたサイトを運営している人がいるそうです!)、大学においてはレポートや小論文(あるいは卒業論文?まさかね…)、大人の世界においては政府や自治体への意見を述べたレポート等で、このようなことが頻繁に行われているらしいのです。
確かに、この手を使えば出来上がりは飛躍的に早くなります。
誰もが思うように、自分のためにはなりませんが。
ただ、必要な情報を素早くネットから取り出してアレンジしてまとめる、というスキルは鍛えられるかもしれません。
人類の知識の想像を絶する膨大なデータベースが生み出されてしまったがゆえの、ちょっと前には予想できなかった展開ではあります。

最近、史上最高のSF作家の一人であるアイザック・アシモフの「ファウンデーション」シリーズというのを読み進めていると、ちょっと示唆に富んだエピソードを見つけました。

舞台は2万年くらい後の世界で、人類はすでに銀河系にあまねく移住しているという時代です。
考古学者が登場するのですが、研究のしかたが、どの学者も前時代の学者が残した膨大な文献・論文等の研究成果を比較検討するばかりで、それで完全に満足しているし、それが学問の一般的方法になってしまっているのです。
ある登場人物が考古学者に、その星に行って発掘調査をしてみてはいかがですか?と勧めると、逆に、なぜそんな必要が?と驚かれてしまうという有様です。
人類の歴史が長くなりすぎて、データが揃い過ぎていて、しかも整理もされているがゆえに、もはや対象そのものに直接当たることはなく、いわば二次史料ばかりをこねくり回すようになってしまっているというわけです。
半世紀も前に書かれた小説ですが、何か、コピペの世界と相通ずるものを感じてしまいます。
アシモフ、恐るべし!

ネットで検索していると、一般の様々な人たちのブログがたくさんヒットして出てくることがあります。
それぞれチェックしてみて、たいていはガッカリします。
ほとんどが、どこか他のページ(ニュースサイトやウィキペディアなどのネット上の百科事典サイト)からの切り貼りで、その後に数行、感想とも落書きともつかない言葉(自身の)が記してあるだけなのです。(感想すらない、コピーしただけの場合もあります。)
ううむ、検索のジャマとしか言いようのない…。
こういったブログの作り方は、ブログを手軽に始めてみましょう、と呼びかける本やサイトで推奨されている方法でもあるようです。
つまり、ブログはやってみたいけれどもブログに書くほどのネタがない、という人たちをも取り込んでしまおうという戦略です。
とりあえず始めてみれば、ネタが思い浮かんで来て、書くことについてどんどん成長していく人もいるかもしれませんし、いい方法ではあります。
アフィリエイトをするにも効果的だと言います。とりあえず客を引っ張っては来るわけですから。
しかし、検索する側から見ると、まったく同じ文章がいろいろなページに溢れかえっているため、そこに書かれている情報・意見・データが、もともとは誰が作ったものなのか、あるいは誰が足腰をすり減らして集めてきたものなのか、全然わからなくなってしまっているのです。
ここで言うのは「引用」とは少し違います。
はっきりと引用していることを明示して(どこの誰の意見という)、それについて論じているのなら立派なことだと思います。
ただ、興味の赴くままに切り抜いて来ては、ゴチョゴチョとコメントをつけてお茶を濁すようなブログを乱発してほしくないな、と思っているのでアリマス。

コピペの問題は、現代の巨大データベース社会の進展の中では、まだ序の口なのかもしれません。
アシモフの描くような、ものすごい科学技術に裏打ちされながらも知的にはどこか停滞した感のある世界が、すぐそこまでやって来ているのかもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村ランキング
(よろしければクリックしてやってください。)
にほんブログ村 音楽ブログ 編曲・アレンジへ にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

ヨハン・ミズヴィッチ

Author:ヨハン・ミズヴィッチ
33歳にしてクラリネットを始める。
楽器仲間のあらゆる編成に合わせて編曲してしまうのが趣味。
巷にあふれるBGMが大の苦手で、もっと生演奏が街中で聞かれないかと願っている。
その反面、iPod nanoのヘビーユーザーでもある。
最近は4コマ漫画執筆に熱中。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 編曲・アレンジへ にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
(よろしければクリックしてやってください。)
カテゴリー
 

HMV検索
検索する

 iTunes Store(Japan)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。