FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村ランキング
(よろしければクリックしてやってください。)
にほんブログ村 音楽ブログ 編曲・アレンジへ にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

ポドルスキの笑わない2ゴールに思う

ワールドカップよりハイレベルと言われる、国際サッカー大会「ユーロ2008」(2008年ヨーロッパ選手権)がオーストリア・スイス共同開催で始まりました。
ウィーン・フィル・ニュー・イヤー・コンサートでも団員が国旗を振る等してアピールしていましたね。

今日(6月8日)、ドイツ対ポーランドの一戦をWOWOWで見ました。
ドイツがポドルスキの2ゴールで勝ったのですが、このポドルスキという選手は実はポーランド生まれなのでそうです。
よく知られているとおり両国は経済的あるいは政治的に長く濃厚な歴史を抱えています。
ポドルスキも主に経済的事情からドイツで育ち、ドイツ人として生きてドイツ代表チームに入ったのでしょう。
今回、ドイツ代表の一員として母国ポーランドに弓を引く結果になってしまったことについてははかなりの葛藤があったようで、また両国のファンたちの間でも話題となり、あるいは議論を呼んでいたと聞きます。
ジーコ監督や三都主アレサンドロ(アレックス)がブラジル代表と戦うのと似ているようではありますが、小国ポーランドが歴史的にも因縁の深い隣国にして大国のドイツに挑むという、一人の人材も労力も犠牲にできないような状況とはやはり同じとは見なせないでしょう。
ユーロという大舞台での見事なゴールにも関わらず、決めたポドルスキの顔に笑顔は見られませんでした。
自身の複雑な思いの他にも、サポーターへの配慮もあるのでしょう。
一般大衆の口とは容赦のないもので、歴史的・経済的背景等は考えもせずに、容赦なく裏切り者呼ばわりするような人もいるものです。
そんな中、試合後の両国の選手の振る舞いには立派なものがありました。
もともとポドルスキとポーランド代表選手たちとの間には親密なものがあるようですが、選手の一人がポドルスキとユニフォームを交換し、それをポドルスキが着てサポーターたちの喝采に応えたのです。
試合後に健闘を讃え合うのによく見られるシーンではありますが、ポーランドの選手はそれに加えて、心ないサポーターからの攻撃からポドルスキを守ってやろうという気持ちもあったのではないかと思われます。
ポーランドのユニフォームをかぶったとき、この日初めて彼の本当の笑顔が見られたように感じられました。
ヨーロッパの、それぞれの国家や地域が持つ誇りと、それを良い意味で超越しようという一体感、その両方を象徴するような、なかなかいいシーンだったと思います。

現在、経済的要因から、ヨーロッパに限らず人的な流動性が高まっています。
仕事を求めて経済的に豊かな地域に労働力が流れ込む、というのは従来から普通に見られたことですが、優れた人材だけを選別して入国させようという傾向が最近では顕著です。
サッカーを見ていても、ドイツにおけるポーランド系、スイスやドイツにおけるトルコ系、フランスやイギリスにおけるアフリカ系など枚挙にいとまがありませんし、ポーランドにおいてさえブラジル出身の選手を法を曲げてまで早期に帰化させて代表入りさせていたりします。
2世として育った選手だけでなく、才能ある選手を少年のうちから各クラブチームが世界中から探し出して来て、自国で育てて高く売ろうとしたりするケースも増えてきました。
今後も母国に弓を引かざるを得ず、活躍しても心からは笑うことのできない選手が増えてくることでしょう。
それでも逆にあくまでスポーツとして、すばらしいプレーには国家の枠などを超えて喝采できるようになったらいいなと、この試合を見て思った次第であります。
代表チームのユニフォームの重みなど、なりゆきで言わば便宜上このチームに入って試合に出ているに過ぎないんです、というくらいの、もっと軽いものであっていいのではないかと。
その意味ではオリンピックのような、国家を挙げて選手団を組織して送り込むようなあり方も、あまり極端にならないようにしないと、政治的経済的に利用されてしまうケースが多くなるでしょう。(すでに利用されまくっていると言うべきかも。)
団体競技はともかく、個人競技等はもっと、いい意味でバラバラに、国ごとの枠にとらわれない運営方法があるように思われるのですが…。
ま、大会の雰囲気を盛り上げて、経済的な(興行上の)成功を得るためには、大衆のナショナリズム的心情に訴えるのがなによりなのでしょうけど。
なにしろ、そういった心情があるからこそ、私ですら今日のポドルスキやポーランドの選手たちを見て大いに感ずるところがあり、記事を書く気にさせたわけですから。

関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村ランキング
(よろしければクリックしてやってください。)
にほんブログ村 音楽ブログ 編曲・アレンジへ にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

ヨハン・ミズヴィッチ

Author:ヨハン・ミズヴィッチ
33歳にしてクラリネットを始める。
楽器仲間のあらゆる編成に合わせて編曲してしまうのが趣味。
巷にあふれるBGMが大の苦手で、もっと生演奏が街中で聞かれないかと願っている。
その反面、iPod nanoのヘビーユーザーでもある。
最近は4コマ漫画執筆に熱中。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 編曲・アレンジへ にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
(よろしければクリックしてやってください。)
カテゴリー
 

HMV検索
検索する

 iTunes Store(Japan)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。