FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村ランキング
(よろしければクリックしてやってください。)
にほんブログ村 音楽ブログ 編曲・アレンジへ にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

関門海峡・ツートンカラー

関門海峡・ツートンカラー
「海峡」とは言うものの、関門海峡は実質的には「河」と呼べるかもしれない。
なにしろあの潮流の激しさ。
とくに東から、すなわち瀬戸内海側から流れ入って来るときは、轟音すらたて、対抗する船舶を多いに悩ませる。
幸運にも流れに乗れた船は痛快に快速を飛ばし、ほとんど有頂天である。
面白いのは雨の後。
翌日には本州側、九州側ともに、海の表層が緑色に光る。
淡水である雨が山や平地から小川や暗渠から少し大きな川などを経て海峡に達したものだろう。
塩水の青と淡水の緑がツートンカラーとなってこの日の海峡の表情となる。
大雨の後などは、さらに遠く瀬戸内海のいろいろなところから集まってきた淡水がときに激流となって関門橋をくぐり、すでに青に戻っていた地元の海の水と複雑な文様を織りなす。
海と河、二つの気分を同時に味わえる岸辺、それが関門海峡なのである。

関連記事
スポンサーサイト

タグ: 下関 関門海峡

にほんブログ村ランキング
(よろしければクリックしてやってください。)
にほんブログ村 音楽ブログ 編曲・アレンジへ にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

ヨハン・ミズヴィッチ

Author:ヨハン・ミズヴィッチ
33歳にしてクラリネットを始める。
楽器仲間のあらゆる編成に合わせて編曲してしまうのが趣味。
巷にあふれるBGMが大の苦手で、もっと生演奏が街中で聞かれないかと願っている。
その反面、iPod nanoのヘビーユーザーでもある。
最近は4コマ漫画執筆に熱中。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 編曲・アレンジへ にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
(よろしければクリックしてやってください。)
カテゴリー
 

HMV検索
検索する

 iTunes Store(Japan)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。