FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村ランキング
(よろしければクリックしてやってください。)
にほんブログ村 音楽ブログ 編曲・アレンジへ にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

アヤソフィア

(イスタンブール旅行記2010)

アヤソフィア01
ガラタ塔から見たアヤソフィア。夕日が当たるまで辛抱強く待った!

イスタンブールを訪れたら絶対に行くべきところ第1位かもしれない。
少なくともトプカプ宮殿とどちらかだろう。(個人的にはシュレイマニエ・ジャミイを挙げたいけど。)
それがトルコ名・アヤソフィア、古くはギリシア語でハギア・ソフィア(聖なる叡智)と呼ばれた、この生ける大博物館だ。

アヤソフィア02
ブルー・モスクを出て、アヤソフィアに向かう。

現代では「アヤソフィア博物館」が正式名称で、モスクとしての役割はない。
だがそうなったのは1935年のことであり、信じがたいことに、20世紀初頭にはほとんど廃墟と化していたという。
世界中どこでも同じと思うが、古い建築物や街並などが観光資源として経済的に価値があるとみなされるようになったのは意外と最近のことで、それまではどんな立派な記念碑的建物であっても現実にその周辺で日々暮らしている人々にとっては大して価値のあるものではなかったようだ。
20世紀初頭のオスマン帝国のように国力に勢いを失っていた状況ならなおさら、公的な権力の管理能力にも漏れが見られたであろうし、住民にとっては建築物の存在は負担ですらあったかもしれない。
ケマル・アタチュルクによってトルコが再建され、小康を取り戻してようやく、自分たちの持っているものの価値に気づき始めたのではないかと想像される。
世界遺産ブーム(私には人々の一種のコレクションごころを衝いたビジネスのように思えるのだが。)も手伝って、近年ではすでに破損あるいは消滅してしまった建築物を復元までして、観光に力を入れる国々や人々が増えて来ている。

アヤソフィア04

アヤソフィア03
差し込む光で遊んでみました。(私の影でアリマス。)

考古学や古生物学等の発展のために発掘や修復を行うのは素晴らしいことだと思うが、経済的目的が見え隠れする、あるいはなりふり構わぬ程露骨にそれを押し進めるものも非常に多いのが残念だ。
ただし、アヤソフィアの復元はやや早い時代から始まっているので、そういったこととは一線を画しているように思うし、観光客を呼び込んで儲けたいといった動機で見つめるには壮大すぎるし、存在が圧倒的すぎるかもしれない。
周辺を歩いてみると、現在でも敷地内や隣接地を掘り返しまくっていて、オスマン時代どころかビザンチン時代の遺跡の発掘・研究に余念がないようだ。
トプカプ宮殿のあるギュルハネ公園内にある考古学博物館の所蔵物は腰を抜かすほどすごいものがあるが、イスタンブール中を掘って集めたビザンチンの遺物と、それをもとにコンピューター・グラフィックを駆使してリアルに製作されたビザンチン時代のコンスタンティノープルの景観の図はほんとうに美しく、その中に吸い込まれてみたくなるほどだ。

アヤソフィア06
国立考古学博物館のビザンチン時代のコンスタンティノープル復元図の一部。建物一つひとつの絵はさらにリアルで美しい。

さて、アヤソフィア自体に話を戻したいけど、その外観・内装の美しさは今さらこんなところで語る必要はないと思うので、いくつか写真を掲載するにとどめたい。
その壮大な造りがよく話題になるけど、東京ドームとかサンチャゴ・ベルナベウとかを知ってしまっている現代人にはそれほどの驚きはないかもしれない。
やはり、あちこち剥がれた壁と人々の信仰が滲み込んだようなイコンがのしかかるように語りかけてくる、その歴史の重みのようなものを味わうのがいいと思うし、おそらく自分もそのためにここに来たのだと、あらためて思った。

アヤソフィア05

関連記事
スポンサーサイト

タグ: トルコ イスタンブール コンスタンティノープル アヤソフィア イコン

にほんブログ村ランキング
(よろしければクリックしてやってください。)
にほんブログ村 音楽ブログ 編曲・アレンジへ にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

ヨハン・ミズヴィッチ

Author:ヨハン・ミズヴィッチ
33歳にしてクラリネットを始める。
楽器仲間のあらゆる編成に合わせて編曲してしまうのが趣味。
巷にあふれるBGMが大の苦手で、もっと生演奏が街中で聞かれないかと願っている。
その反面、iPod nanoのヘビーユーザーでもある。
最近は4コマ漫画執筆に熱中。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 編曲・アレンジへ にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
(よろしければクリックしてやってください。)
カテゴリー
 

HMV検索
検索する

 iTunes Store(Japan)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。