FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村ランキング
(よろしければクリックしてやってください。)
にほんブログ村 音楽ブログ 編曲・アレンジへ にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

漫画『あさまるさん』第13話『ホームシアターへのいざない』

ホームシアターへのいざない
先日、クラウディオ・アバドルツェルン祝祭管弦楽団を指揮したマーラーの交響曲第7番の演奏会(2005年)がNHK-BS2で放送された。
さすがに、というか、もう言葉もないほど素晴らしい演奏だった。
クラリネットザビーネ・マイヤー(となりでセカンドを吹いていたのは多分ご主人ですよね)がいるなど、世界のトップ奏者たちがアバドを慕って集まっているオーケストラなのだから、それはすごいに違いないのだけど、アバド自身の円熟ぶりに驚かさせられる。
どんな曲でも奇麗に聴かせる職人的指揮者という感じだったのに、今や年齢のせいもあって、ひとつの大変なカリスマという雰囲気があり、ちょっとしたテンポの揺らぎの中にさえそれがぱっと匂い立つ感じで、ほんとうに聴いていて時間を忘れる演奏だった。
クラシック音楽のテレビ番組は信じられないくらい音が小さいので、普段な何倍もボリュームを上げて、その芳醇な音響に浸らせてもらった…
ところが!
カーテン・コールが続いている最中に女性アナウンサーのアナウンスが…。
こういう声は普通の放送の大きさなので、ボリュームを上げているとまさに腰が抜ける!
頼むから、せめて放送終了までは字幕だけにするとか、もうちょっと配慮してよ!
ま、いきなりCMに行っちゃう民放の音楽番組よりはましではあるけれども…。

第14話へ

もくじへ



関連記事
スポンサーサイト

タグ: ザビーネ・マイヤー 音楽 クラシック 楽器 クラリネット アバド ルツェルン ルツェルン音楽祭 BS NHK

にほんブログ村ランキング
(よろしければクリックしてやってください。)
にほんブログ村 音楽ブログ 編曲・アレンジへ にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

コメント

No title

ちょっと前に録画していた、BSプレミアムのリッカルド・シャイー指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団によるブルックナーの交響曲第8番(サントリー・ホールで収録)を今日、聴いた。
いつものように、普通の音量では全然聞こえないので、ボリュームを上げまくって聴いた。
曲が終わり、拍手が続く中、いきなり「緊急地震速報」のアラームとナレーションが鳴り響いた。
あさまるさん以上に、のけ反った…。
警報だから仕方ないことなのだけれど、録画だったので自分には警報の意味はまったくないのであった…。

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

ヨハン・ミズヴィッチ

Author:ヨハン・ミズヴィッチ
33歳にしてクラリネットを始める。
楽器仲間のあらゆる編成に合わせて編曲してしまうのが趣味。
巷にあふれるBGMが大の苦手で、もっと生演奏が街中で聞かれないかと願っている。
その反面、iPod nanoのヘビーユーザーでもある。
最近は4コマ漫画執筆に熱中。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 編曲・アレンジへ にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
(よろしければクリックしてやってください。)
カテゴリー
 

HMV検索
検索する

 iTunes Store(Japan)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。