FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村ランキング
(よろしければクリックしてやってください。)
にほんブログ村 音楽ブログ 編曲・アレンジへ にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

「ドラえもん」…久しく見ない間に…

幼少の頃は欠かさず見ていたアニメ「ドラえもん」。
作者の藤子不二雄Fさんが亡くなってもう何年なるのかわかりませんけど、テレビの放送はまだ続いているようですね。
人気のほどはどんなもんなのでしょう?

最近、「『ドラえもん』にターミネーターが登場!」という記事を見ました。
他の有名作品の主人公や有名人をパロディ気味に登場させ、話題性を持たせるという手法ですね、これはおそらく。
「ザ・シンプソンズ」や「クレヨンしんちゃん」が得意としてきた手法で、吹き替えを本人にさせたりして、非常に興味深く見たものでしたが、今となってはかなりマンネリ化していると言うか…。
それに、シンプソンズやしんちゃんのような毒のある作品ならよくフィットしていたように思いますけど、元祖健全アニメのドラえもんでやるとは…。
もしかして、もう続ける意義がなくなってきているのではありませんか?

テレビ番組の官僚化が進んでいるように感じています。
つまり、かつて人気があったのでずっと続けてきたけど、やめるにやめられず、ずるずると続いてしまっている状態の番組があるように思うのです。
「紅白歌合戦」「連続テレビ小説シリーズ」「大河ドラマシリーズ」「サザエさん」などなど。
あれこれと趣向を変えてなんとか連続放映年数記録を伸ばしてはいますが、もはや続いているが故に続けなくてはならない、という感じが伝わってくるほど痛々しいものがあります。
なんとか今週分(今年分)を埋めなくては…という感じ。

ドラえもんもいつしかそういう存在になっていたようですね。
そう思うと、同じFさんの代表作でも、本人とともに安らかに眠ってしまった「オバケのQ太郎」の方が幸せなのかもしれません。
…でござるのう、ニンニン…違うか。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村ランキング
(よろしければクリックしてやってください。)
にほんブログ村 音楽ブログ 編曲・アレンジへ にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

ヨハン・ミズヴィッチ

Author:ヨハン・ミズヴィッチ
33歳にしてクラリネットを始める。
楽器仲間のあらゆる編成に合わせて編曲してしまうのが趣味。
巷にあふれるBGMが大の苦手で、もっと生演奏が街中で聞かれないかと願っている。
その反面、iPod nanoのヘビーユーザーでもある。
最近は4コマ漫画執筆に熱中。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 編曲・アレンジへ にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
(よろしければクリックしてやってください。)
カテゴリー
 

HMV検索
検索する

 iTunes Store(Japan)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。